コア抜き
【コア抜き】
ダイモドリルとダイヤモンドビットを使用し、コンクリート、石材、アスファルト、 鉄板など様々な構造物に穴を穿けることができます。
自動送り装置を使用することにより、1人につき2台3台を同時施工による削孔が可能になります。
100Vの小型ダイモドリルから200Vの大型ダイモドリルを使用し、19φ~500φまでの施工ニーズ に合わせた削孔作業を行います。
特殊形状などの施工困難な場所でも状況に応じてダイモドリル設置治具を作製することにより、臨 機応変な対応が可能になります。
【連続コア】
160φのコアを連続して穿けることにより、大径 配管や人通口、またはコンクリートを小分けすることも可能になります。
【ハンドコア】
8~35mmまでのあと施工アンカー工事等の穴を 穿けることができます。ベースを固定しない工法なので段取り等の手間がはぶけ、施工時間の短縮ができます。

作業から取り除きたい「騒音」「振動」「粉塵」 を最低限に抑えます。学校、病院、住居、事務所等の改修や耐震工事にも最適です。

【長堀コア】
コアビットを延長することにより、厚みのある躯体でも削孔することが可能になります。
床面、壁面を問わず施工することができます。
1.5m以上削孔する場合は、重機との相伴作業が必要をされます。